TEL:03-3688-1876

ブログ

カテゴリー

アーカイブス

Date:2017年11月10日 | Category:

間取り図とお写真で狭小住宅をご紹介するシリーズ。

今回は、「ロフト付ワンルームの注文住宅」です。

いきなりですが、間取り図からご紹介いたしましょう。

 

1階

1階

 

ね?本当にワンルームマンションのようでしょ?

61㎡の土地に建てた29㎡の平屋建てです。

平屋建てといっても右奥に階段が見えますよね?

固定階段付きのロフトが付いて、有効面積は40㎡になります。

 

それでは、外観写真から。

 

外観

外観

 

間口4メートルの外観です。

駐車スペースはありません。

右手に見える自動車は前面道路にとまっています。

 

玄関からリビングを見たところ

玄関からリビングを見たところ

 

リビング手前にキッチンを設置しています。

左手前は冷蔵庫置場です。

食材や諸々のお買い物用品の多くは、キッチンで使うものが多いですよね。

重いものは特にそう。

であれば玄関近くに設置するのが〇なのです。

 

ポール

ポール

 

こちらは冷蔵庫置場手前のクローゼット。

左手はシューズクロークで右手のポールには傘やコートなどをかけておきます。

このポール、1メートルはあるので、まずまずの収納力といえるでしょう。

通常のワンルームマンションは、入口入って左側は壁面、というタイプが多いように思います。

そうすると、とってつけたような小さい下駄箱しか置けず使い勝手が悪いもの。

左手にキッチン、収納、階段と有効スペースを配置したことで、このような
シューズクローク&ハンガーポールの収納が実現しました。

 

郵便ポスト

郵便ポスト

 

こちらは郵便受け。

マンションの玄関ドアについているポストは、狭くて取りにくいものが多いと感じます。

これなら、収納棚にきれいに置かれストレスがありません。

押し込めばバネで締まる仕組みです。

 

サニタリー

サニタリー

 

玄関を入って右手は、洗面化粧台と洗濯機置場、浴室です。

狭さは全く感じません。

一人なら十分な広さです。

お風呂も足を延ばして入れます。

 

リビング

リビング

 

こちらがお部屋です。

掃き出し窓の奥にはデッキも見えます。

ここに、ダイニングキッチンもデスクもベッドもとなると
少し余裕がありませんよね。

そこで登場するのが、ロフトです。

 

画像 019

ロフトへの階段

 

固定階段で上がるロフト。

階段下はちょうどよい収納ができました。

 

ここでロフトの図面をご紹介しましょう。

 

2階

2階

 

デッドスペースも含めて約9帖のロフトです。

真ん中やや右上に天窓がありますよね?

なぜここに天窓を設けるか?

ここにつけると、ロフトにも1階にも光が漏れるんです。

 

天窓

天窓

 

こちらは1階から撮影したもの。

ロフトから見るとこんな感じ。

 

光がサンサン!

光がサンサン!

 

ね、ばっちり光が入っているでしょう?

お施主様のご趣味の一つは山登り。

だから、こういうロフトで寝るのは苦にならないようなのです。

 

さっき「デッド―スペースも入れて~」なんてさらっとご紹介しましたが、
それはこういうことなんです。

 

デッドスペースの招待

デッドスペースの招待

 

デッドスペースといっても、モノを置いたり、縦に布団を敷いたりすることができるんです。

だからデッドスペースも含めちゃったんです。

 

ロフトからの天窓

ロフトからの天窓

 

これがロフトから天窓を見たところ。

なんかワクワクしませんか?

ガラス越しなので星はよく見えないでしょうけれど、
月明りで結構明るい日もあったりして。

山に登ってテントで寝る醍醐味は味わえないものの、
家のふとんで、夜空を眺めながら就寝なんてなかなかできませんよね。

 

そんなことで、一人暮らしのワンルーム注文住宅は、自分が暮らしやすいように
自由に設計できてなかなかいいものなんです。

実は、60歳を超えて家が古くなり、おひとりさまで暮らすための注文住宅に
建て替えられる方が少なくありません。

家族が減って、大きい家だと寒いし掃除も大変で暮らしにくいんです。

ひとりなのにトイレが二つあったりして。

 

人生100年時代です。当然と言えるかもしれません。

 

そんな方の立替えや減築リフォームも得意にしています。

お心当たりにある方はお声がけくださいね。

 

 

 

 

1 2 3 4 9

このページのトップへ