TEL:03-3688-1876

ブログ

Date:2019年2月28日 | Category:

お近くにお住まいの方から、お貸ししているアパートの廊下の屋根が壊れたので見てほしいというご依頼をいただきました。

ビフォー継ぎ足して修正しているのがわかります。

奥の方の屋根は、割れて穴が開いていますね。

それほど重いものではありませんが、春一番に吹き飛ばされて、歩いている方を傷つけたりしたら大変!

そんなことにならないように、交換します。

撤去

撤去

まずは全面撤去します。

必要な修繕を施したうえで屋根を掛けます。

雨どいのフック

雨どいのフック

ちなみにわかりにくかったかもしれませんが、雨樋も劣化がはげしく、このタイミングで交換します。

屋根の棟=頂上から、軒に向かっている木を垂木といいますが、その先に雨どいを受けるフックがついていました。

完成

完成

無事に工事完了です。

と言いたいところですが、後日談が。

雨が降ったところ、雨樋の水の流れが悪いようで見てほしいというご連絡をいただきました。

確認したところこんなわけです。

雨どい

雨どい

赤いまるで囲ったところが雨どいからの雨水が集まる集水器です。

不思議じゃありませんか?両サイドに集水器があるなんて。

だって水は高いところから低いところに流れるじゃん、と気づいた方は注意深い。

なぜか?それは、雨樋の真ん中が一番高くなっていて、それぞれに向かって勾配があるからなのです。

要は山の頂上みたいなものですね、と言ってもほとんどわからないほどの勾配ですが。

ところが、かなり古いアパートですし、垂木の先のフックが何かの拍子で下に曲がれば勾配なんてなくなってしまいますよね。

そこで、勾配を付けるために打った手はこちら。

勾配

勾配

垂木の下に、板をかませて勾配を付けています。

これで雨水の流れもスムーズになりました。

 

当面これで屋根が飛ぶこともないでしょう。

アパートの屋根修理@東葛西、問題解決いたしました!

カテゴリー

アーカイブス

このページのトップへ