東京の狭小住宅なら江戸川区の国工務店

TEL:03-3688-1876

施工事例

58㎡の敷地に建てた2階建て狭小住宅

江戸川区 S様邸

タグ:
土地探しからスタートしたご夫婦の家づくりです。3階建てを建てることができる土地が見つかりましたが、斜線規制が厳しいために、3階部分は思うように有効活用することができません。それなら、無理に3階建てを建てるより、小屋裏をロフトとして活用する2階建ての方がメリットが大きいと判断しました。 ご主人様の趣味のお部屋として、1階に音響・遮音効果を高める内装を施したリスニングルームをご用意。LDKは光を採りこみやすい2階に設置しました。限られた広さの空間に、書斎コーナー、AVボード、小上がり和室、ロフトへ上がるスケルトン階段等を盛り込みつつ、下台や上部空間を利用して収納を確保したり、壁面をくりぬいてニッチを設けたりと、広さの制限を設計のアイディアと造り付け家具で解決した2階建ての狭小住宅です。

ガルバリウム鋼板の黒と、木の色味がマッチする外観

引き戸なので、玄関ポーチが広くなくても出入りしやすく、雨にも濡れません。
玄関内部は、荷物をちょっと置いたり、腰かけたりするのに便利なベンチです。

玄関内部は、二重構造の風除室付き。室内ドアと壁の上部は、オーダーのステンドグラスで装飾しました。
床はシーグラスを散りばめた洗い出し仕上げ。上がり框を高くして、式台を設置し、その下にも靴を仕舞えるようにしています。

オーダーメードのステンドグラス

2階リビング

AVボード脇には書斎コーナーを。窓からは前のおうちの緑が見えます。

右手の収納は掃除機などを入れるリビング収納として、左手は書斎の書棚として使い分けています。
1階リスニングルーム。音響・遮音効果を高める内装を施しています。

LDKと和室。ダイニングテーブル奥の壁には、お酒やグラスを仕舞える吊り収納を造作しました。左手階段はロフトに続きます。

吊戸棚のある小上がり和室は、ブラインドおろせば客間にも使えます。
小上がり下は手前が引き出し収納、奥は畳をあげて開閉する収納です。

リビングをロフトに上がる階段から見たところ

座卓の書斎となるロフト。

2階階段室の壁には、エアコン効率を高めるための気流止め扉を設置。階段室を閉じていると、もう一つのニッチが顔をだします。

バルコニーは小上がり和室からフラットに出入り可能。
デッキを敷いたバルコニー。

LD及び小上がりの和室まで見渡せるカウンターキッチン
システムキッチン背面の収納は、お手持ちの食器棚が収まる予定です。

1階主寝室。ウォークインクローゼットは下がり壁を無くし、建具も使わず、開放感を出しています。

洗面脱衣室。キッチンと同じく、限られたスペースを有効に使うため、洗濯機の上部空間と、洗濯パンと洗面台の間をフルに活用する収納を造作しています。
木のぬくもりが感じられるトイレ


浴室はタカラスタンダードの掃除がしやすいシステムバスを採用

外観正面

カテゴリー

タグクラウド

雨漏り スキップフロア 完全分離型 オーダーキッチン 変形地 アウトサイドストッカー 狭小地 造作家具 二世帯住宅 小上がり和室 ロフト 壁面収納 アウトドアリビング シューズクローク 3階建て ビルトインガレージ 小屋裏収納 天窓 コーキング 障子

このページのトップへ