TEL:03-3688-1876

ブログ

カテゴリー

アーカイブス

Date:2019年8月1日 | Category:

われらが地元、江戸川区が発表した、ハザードマップが話題を呼んでいます。

『区のほとんどが水没。ここにいてはダメ!』・・・そんなこと言われてもねえ。

そのハザードマップを見ると、当社国工務店も、2階まで浸水する地域に指定されています。

『ここに事務所を建てて、35年。そんなこと一度もなかったのに・・・。ん?』

そうなんです、このハザードマップは、今までに経験したことがないような水害が起こったら、を前提に作られているので、今まで大丈夫だったんです。

このマップを見ると、「水没してしまう地域で、家なんか建てるか!」と思ってしまいます。

「ほかの地域に引っ越すか。それとも、水没した後に建て替えるか、いやでも水没した後にまた水没するかも・・・。」簡単には、答えがみつかりません。

引っ越そう、と思って引っ越せる方は、それはそれでいいでしょう。私も含めて、そうはいかない方がほとんどだと思います。

でも、『水没するかもしれないのに、家にお金をかけるなんて』 と思いながら、安心できない状態で住み続けているときに、大地震が起きたら元も子もありません。

水害の恐れがあるからと言って、そのまま危険な家に住み続けることが正解であるはずがないですよね?判断しない、問題を先送りするというのも同じことです。

91日防災の日を前に、古い、あるいは不具合のある今の家をどうすべきか、相談会を行います。

修繕にとどめるべきか、思い切って建て替えるか。浸水するかもよ!と言われて建て替える気になる人はいないと思いますが、これまでに起きたことがない規模の水害が起きることを前提にするのもいかがなものか?という気持ちも正直します。水害をカバーする火災保険もありますし、万一水没したとしたら、これまでに水没を経験した方々の知見を借りて、清掃、消毒、修繕を行って復活を目指すという手もあると思います。そんなことを一緒に考えましょう。

 

あなたの家は大丈夫?防災の日を前に考えよう!

住まいの備え相談会開催!

とき:8/31(土)

1000~   1300~   1500~ 

ところ:国工務店 家づくり相談室にて(国工務店本社2階、事務所よこ)

完全予約制です。事前のお電話お待ちしております。

このページのトップへ