TEL:03-3688-1876

ブログ

カテゴリー

アーカイブス

Date:2017年7月27日 | Category:

間取り図と写真で、注文住宅のプランをご紹介している当企画。

本日は、『1階親世帯、2階子世帯の二世帯住宅』 1階親世帯の住まいを
ご紹介してまいりましょう。

まずは外観から。

 

外観

外観

 

当社で建てる家の中では、かなり広い土地の二世帯住宅です。

向かって右に銀色の扉と庇がみえるのが2階子世帯の玄関です。

そして、1階バルコニーの奥に見える同じく銀色の扉と庇が、親世帯玄関となります。

図面で見るとこんな感じ。

 

1階図面-書き込みあり

1階図面

 

親世帯玄関側が南西面、子世帯玄関が南東面になります。

玄関を分けると、お客様がいらしたときに鉢合わせになることはないし、
1階のリビングでくつろいでいるときに子供たちが帰宅しても
ちょうどよい距離感で音が聞こえる感じです。

子世帯はこの玄関から中に入り、正面階段から2階に上がります。

階段の左側に、平行して廊下があり、その扉1枚(両方向矢印のところ)で
親世帯と子世帯がつながります。

 

親世帯玄関

親世帯玄関

 

親世帯玄関の正面です。

コンクリートのたたきが広くて安心でしょう?

手前側に引く玄関ドアでもいけそうなほどの広さがあります。

それでも、引き戸がいちばん。

体を動かさずに開閉できますし、最近の引き戸は軽いんです。

 

 

網戸あり

網戸あり

 

玄関の中に入りました。

当社では、夏に玄関ドアを開けて自然な風を取り込めるように、ドアの内側に
網戸を設置するプランが人気です。

鍵もついているので、玄関開、網戸と鍵閉で不安なく涼しく過ごせます。

 

開く

リビングから玄関を望む

 

リビング内部から玄関方向を望んでいます。

ポリカーボネートの室内ドアを設置して、はっきりとは見せずに
シルエットだけ見えるようにしています。

いきなりはっきり見えちゃうよりも、心に余裕ができますよね。

 

開放された個室

開放された個室

 

前の写真の反対側の個室からのぞいています。

ダイニングテーブルの左側に天井までの棚がありますが、裏側は冷蔵庫置場です。

右側のカウンター裏側はシンクや作業台ですからカウンターにしていますが、
冷蔵庫置場は抜けないので、予め棚を造作しました。

 

閉め切ればこの通り

閉め切ればこの通り

 

普段は開放して使いますが、寝るときは仕切った方が寝やすいものです。

三枚の引き戸で仕切るので、吊戸では不安定になりがち。

こちらから見て、前後の振れ幅が大きくなります。

そこで、上から吊ながら、下部のV字型レールに沿わせて引き戸を開閉する、
Vレールを使った引き戸にしています。

 

奥の個室

奥の個室

 

奥の個室には、デスクと本棚、クローゼットを造作しました。

隣地の視線を気にせずに光を取り込めるよう、ハイサイドサッシにしています。

デスク足元にもルーバー窓を設け、光と風を取り込んでいます。

2つの窓で想像以上に明るいですね。

 

2階とつながる入口

2階とつながる入口

 

この扉が1-2階をつなぐ唯一の扉です。

この距離であれば、子世帯夫婦が帰宅して、『ただいま~』という少し遠い声に、
『おかえり~』と同じ屋根の下に住んでいる家族としてあいさつし、

誰か友人が来た時など、おしゃべりが聞こえながら入ってきたときは、
別々の家に住んでいるように、あいさつ無しで済ます、

そんなことができそうですね。

 

2階子世帯の住まいは、次の機会にご紹介いたしましょう。

1 11 12 13 14 15 16 17 20

このページのトップへ